EDの精力剤治療

イチョウの葉

EDと精力剤使用での治療:勃起障害の分類と原因

●勃起障害の種類について

 勃起障害は、機能性勃起障害と器質性勃起障害があります。機能性勃起障害は、心理的ストレスが原因で引き起こされる心因性勃起障害、統合失調症やうつ病などによる精神病性勃起障害などがこれにあたります。
 器質性勃起障害は、陰茎の構造に問題があり、脳から陰茎までの勃起に関する神経にって起こるものです。器質性勃起障害の中には、陰茎の血管に問題があり、陰茎に血液を十分満たすことができない血管性と、男性ホルモンだけではなく、脳下垂体や甲状腺の働きに障害があり、ホルモン分泌に異常をきたすためおこる内分泌性勃起障害があります。

●心因性と器質性の勃起障害に精力剤

 心因性の勃起障害の場合には、精力剤を使えば比較的に治りやすいのが特徴です。アルギニンが入っている精力剤を利用すればとても効果的です。器質性勃起障害の場合には、神経に問題がある方は、下腹部の手術をした方に多いです。
 患部を摘出する際に、勃起に必要な神経ごととってしまうことがあるからです。また、糖尿病の場合、血糖値を抑えるホルモンのインスリンの分泌量が狂うことで、血管や神経にダメージを与えて勃起の機能が働かなくなってしまいます。
 下腹部の手術をした方は精力剤により勃起することが可能になります。また、動脈硬化によるものもありますが、その場合には、生活習慣や食生活を見直し、病院で適切な治療を受けることが大切です。

EDと精力剤使用での治療:勃起障害の予防

●精力剤で勃起力を高める

 加齢と共に精力減退が目立つようになりますが、勃起力が低下して性交渉の時に途中で力を失ったり、精力低下からの自信喪失等にも繋がる事もあります。
 しかし、精力剤を活用する事で勃起障害を改善させたり、体全体を元気にさせる事は可能であり、精力剤に含まれている栄養成分の摂取は勃起力を高めるだけではなく、体力を向上させたり、体の代謝力を高めるといった効果にも優れていますから、自分に相性の合う商品を見つけて継続的に使用する事は望ましいですし、勃起力が高くなる事で心身にも良い影響を与える事が出来ます。

●精力剤による精力低下予防

 精力低下を予防する時には生活習慣を整えたり精力増強を行う錠剤の摂取等は効果があります。勃起力が低下する前から栄養成分が入った精力剤を使用して、血流を改善させたり代謝を高める事で、体全体に栄養素が巡りやすくなったり老廃物を流し、局部にも血流が巡りやすくなるといった効果を得る事も出来ます。
 勃起力は体全体の健康状態にも関わってくるものですし、体全体に栄養素が足りなかったり巡りにくい状態では精力も低下してしまいますから、精力を高める時には体の状態を整える事は必須であり、栄養摂取や体質改善を促す事で予防出来ます。

EDと精力剤使用での治療:生活習慣病との関係

●EDは精力剤で根本治療を行おう

 勃起不全は、体の衰えや生活習慣病など、何らかの原因によって起こってしまっているので、バイアグラなどで無理やりペニスを立たせるのではなく、精力剤で身体に必要な栄養素の補強を行い、体質を改善していかなければなりません。
 精力剤に含まれる、マカやアルギニンなどは、成長ホルモンを分泌させる働きを担ったり、全身の血流を良くしたり、代謝アップも図れます。その為、飲み続けることによって、身体の中から若返りが図れるので、気力アップ、体力増強が期待でき、健康的な毎日を送れるようになります。まさに根本治療が行えるのです。

●三十代に突入すれば生活習慣病のリスクが上がります

 EDの原因とも言われている生活習慣病、成人して約十年がたった三十代は、未病の危険がいっぱいあります。仕事もプライベートも大忙しで、ストレスの多い毎日をタフに乗り切るには、成長ホルモンが重要ですが、十代後半、二十代に比べると、三十代はもはや半分ほどしか成長ホルモンは分泌されておらず、その後は減る一方です。
 これが気力、体力の減退、ひいては勃起不全につながっているので、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンがたっぷりと配合されている精力剤は、まさに必要不可欠なサプリメントといえるのではないでしょうか。